宮崎ITサービス サーバマニュアル

≪Thunderbird≫IMAPの設定

1.「POP」と「IMAP」の違い

POP サーバーに届いたメールをメールソフトにダウンロードしてメールを確認する方法。
基本的に、サーバ内にメールデータは保存されません。
IMAP サーバーに届いたメールをメールソフトにはダウンロードせず、サーバーにデータを残したまま確認する方法。

 

2.「IMAP」を利用するにあたっての注意点

▼サーバー内のメール削除
「IMAP」でメールを受信する場合、サーバー内にメールが残るため、そのままにしておくといずれメールボックスの容量が一杯になりメールが受信できなくなります。
「IMAP」を利用する場合は、必ず定期的にサーバー内のメールを削除するようお願い致します。

▼「IMAP」アカウントの追加
また、既に「POP」にて設定されているアカウントを「IMAP」に変更することはできません。
「IMAP」での受信に変更したい場合は、新規でアカウントを設定し直してください

 

3.IMAPの設定手順

1.Thunderbirdを起動

 

2.「ツール」から「アカウント設定」をクリック

Thunderbird-1

3.「アカウント操作」より「メールアカウントを追加」をクリック

Thunderbird-2

 

4.必要情報を入力し、「続ける」をクリック

Thunderbird-2.5

あなたのお名前 任意
メールアドレス 設定するメールアドレスを入力
パスワード メールアドレス作成時に設定したパスワード

5.検索が完了次第、「手動設定」をクリック

Thunderbird-3

 

6.必要情報を入力し、「再テスト」をクリック

Thunderbird-IMAP-1

▼受信サーバ
(サーバの種類) IMAP
サーバのホスト名 mail.ドメイン名
ポート番号 143
SSL 接続の保護なし
認証方式 通常のパスワード認証
▼送信サーバ
サーバのホスト名 mail.ドメイン名
ポート番号 25 もしくは 587 を入力(※)
SSL 接続の保護なし
認証方式 通常のパスワード認証
▼ユーザ名
受信サーバ 設定するメールアドレスを入力
送信サーバ 設定するメールアドレスを入力

送信のポート番号は、ご利用のプロバイダ等によって異なります。 

 7.アカウント設定の検索にてエラーがでなければ「完了」をクリック

Thunderbird-IMAP-2

 

8.「接続する上での危険性を理解しました」にチェックを入れ、「完了」をクリック

Thunderbird-5

 

 

メールソフトの設定

メールソフトの設定

PAGETOP
Copyright © (株)宮崎ITサービス All Rights Reserved.