宮崎ITサービス サーバマニュアル

≪Outlook2013≫IMAPの設定

1.「POP」と「IMAP」の違い

POP サーバーに届いたメールをメールソフトにダウンロードしてメールを確認する方法。
基本的に、サーバ内にメールデータは保存されません。
IMAP サーバーに届いたメールをメールソフトにはダウンロードせず、サーバーにデータを残したまま確認する方法。

2.「IMAP」を利用するにあたっての注意点

▼サーバー内のメール削除
「IMAP」でメールを受信する場合、サーバー内にメールが残るため、そのままにしておくといずれメールボックスの容量が一杯になりメールが受信できなくなります。
「IMAP」を利用する場合は、必ず定期的にサーバー内のメールを削除するようお願い致します。

▼「IMAP」アカウントの追加
また、既に「POP」にて設定されているアカウントを「IMAP」に変更することはできません。
「IMAP」での受信に変更したい場合は、新規でアカウントを設定し直してください

 

3.IMAPの設定手順

1.アカウント設定画面へ移動

 

1.メールソフト「Outlook2013」を起動

 

2.「ファイル」メニューをクリック

「Outlook2013へようこそ」のスタート画面が表示されている場合は、こちらをご参照ください。

Outlook2013-11

 

3.「情報」メニューより「アカウント設定」をクリックし、「アカウント設定(A)」を選択

Outlook2013-13

 

4.「新規」をクリック

Outlook2013-14

「2.アカウント情報の設定」に進んでください。

 

 ▼「Outlook2013へようこそ」のスタート画面が開いている場合

1.「次へ」をクリック

Outlook2013-2

 

2. 「はい(Y)」を選択し、「次へ」をクリック

Outlook2013-3

 

2.アカウント情報の設定

1.「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)」を選択し、「次へ」をクリック

Outlook2013-4

 

2.「POPまたはIMAP(P)」を選択し、「次へ」をクリック

Outlook2013-5

 

3.必要項目を入力し、「詳細設定」をクリック

Outlook2013-IMAP-1

名前 名前 任意の名前を入力
電子メールアドレス 設定するメールアドレスを入力
アカウントの種類 IMAP
受信メールサーバー mail.ドメイン名
送信メールサーバー mail.ドメイン名
アカウント名 設定するメールアドレスを入力
パスワード メールアドレス作成時にご自身で設定したパスワードを入力

4.「詳細設定」を設定

ご利用の環境によって、「認証設定」と「ポート番号」の組み合わせが異なります。
以下の「6パターン」の組み合わせより、どの方法で送信が可能か確認の上、有効な組み合わせをご選択ください。

パターン① ポート番号: 25 + 認証方法:認証なし
パターン② ポート番号: 25 + 認証方法:SMTP認証
パターン③ ポート番号:587 + 認証方法:認証なし
パターン④ ポート番号:587 + 認証方法:SMTP認証

▼認証設定
 1.「送信サーバー」タブをクリック

認証なし 「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」にチェックを入れない
SMTP認証 【1】「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」にチェックを入れる
【2】「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」を選択

Outlook2013-IMAP-2

 

▼ポート番号
2.「詳細設定」タブをクリック
「送信サーバー(SMTP)」の初期値は「25」になっています。
環境に合わせて、「25」または「587」を指定してください。
ご利用のプロバイダ等によってポート番号が異なります。

Outlook2013-IMAP-3

 

3.「OK」をクリック

 

5.「次へ」をクリックし、アカウント設定のテスト を実施
送受信ともに「完了」になったら、「閉じる」をクリックしてください。

Outlook2013-IMAP-4

 

6.「完了」をクリック

Outlook2013-10

 

 

メールソフトの設定

メールソフトの設定

PAGETOP
Copyright © (株)宮崎ITサービス All Rights Reserved.