当サイトは様々な環境から閲覧できるよう、CSS(カスケーティングスタイルシート)に対応したブラウザで最適に見えるように構築されております。
快適な閲覧のために最新のブラウザ(InternetExploler / Firefox / Google Chromeなど)へのアップデートをお勧めします。

レンタルサーバー (宮崎ITサービス)

メールのコピーを残す設定

本マニュアルでは、各メールソフトの認証設定方法についてご案内します。

目次

  1. Microsoft Outlook 2007
  2. Microsoft Outlook 2010
  3. Outlook Express
  4. Windows Live Mail 2009
  5. Windows Live Mail 2011
  6. Windowsメール
  7. Becky!
  8. Thunderbird
  9. Mac Mail
  10. iPhone/iPad

1.Microsoft Outlook 2007

1.ツールをクリックします

2.「アカウント設定」を開きます

3.設定変更したいアカウント名を選択して「変更」をクリックします

4.「詳細設定」をクリックします

5.「詳細設定」のタブをクリックします

6.「配信」の項目を設定します

サーバーにメッセージのコピーを置く チェックを入れる
サーバーから削除する「○」日後 [1]チェックを入れる
[2]削除する日数を決める
[削除済みアイテム]から削除されたら、
サーバーから削除
任意でチェックを入れる

※注意※
削除する日数を指定していないと、サーバーにコピーデータが残ったままになり、気づかないうちにメールボックスがいっぱいで受信できなくなってしまう可能性があります。 可能な限り削除する日数を指定しておいて下さい。

7.「OK」をクリックします

8.「次へ」をクリックして、設定を完了します

以上で完了です。

2.Microsoft Outlook 2010

1.「ファイル」をクリックします

2.「情報」をクリックします

3.「アカウント設定」をクリックします

4.設定変更したいアカウント名を選択して「変更」をクリックします

5.「詳細設定」をクリックします

6.「詳細設定」のタブをクリックします

7.「配信」の項目を設定します

サーバーにメッセージのコピーを置く チェックを入れる
サーバーから削除する「○」日後 [1]チェックを入れる
[2]削除する日数を決める
[削除済みアイテム]から削除されたら、
サーバーから削除
任意でチェックを入れる

※注意※
削除する日数を指定していないと、サーバーにコピーデータが残ったままになり、気づかないうちにメールボックスがいっぱいで受信できなくなってしまう可能性があります。 可能な限り削除する日数を指定しておいて下さい。

8.「OK」をクリックします

9.「次へ」をクリックして、設定を完了します

以上で完了です。

3.Outlook Express

1.ツールをクリックします

2.「アカウント」をクリックします

3.設定変更したいアカウント名を選択して「プロパティ」をクリックします

4.「詳細設定」のタブをクリックします

5.「配信」の項目を設定します

サーバーにメッセージのコピーを置く チェックを入れる
サーバーから削除する「○」日後 [1]チェックを入れる
[2]削除する日数を決める
[削除済みアイテム]から削除されたら、
サーバーから削除
任意でチェックを入れる

※注意※
削除する日数を指定していないと、サーバーにコピーデータが残ったままになり、気づかないうちにメールボックスがいっぱいで受信できなくなってしまう可能性があります。 可能な限り削除する日数を指定しておいて下さい。

6.「OK」をクリックして、設定を保存します

以上で完了です。

4.Windows Live Mail 2009

1.ツールをクリックします

2.「アカウント」をクリックします

3.設定変更したいアカウント名を選択して「プロパティ」をクリックします

4.「詳細設定」のタブをクリックします

5.「配信」の項目を設定します

サーバーにメッセージのコピーを置く チェックを入れる
サーバーから削除する「○」日後 [1]チェックを入れる
[2]削除する日数を決める
[削除済みアイテム]から削除されたら、
サーバーから削除
任意でチェックを入れる

※注意※
削除する日数を指定していないと、サーバーにコピーデータが残ったままになり、気づかないうちにメールボックスがいっぱいで受信できなくなってしまう可能性があります。 可能な限り削除する日数を指定しておいて下さい。

6.「OK」をクリックして、設定を保存します

以上で完了です。

5.Windows Live Mail 2011

1.「アカウント」を開きます

2.左メニューから設定変更したいアカウント名を選択します

3.「プロパティ」をクリックします

4.「詳細設定」のタブをクリックします

5.「配信」の項目を設定します

サーバーにメッセージのコピーを置く チェックを入れる
サーバーから削除する「○」日後 [1]チェックを入れる
[2]削除する日数を決める
[削除済みアイテム]から削除されたら、
サーバーから削除
任意でチェックを入れる

※注意※
削除する日数を指定していないと、サーバーにコピーデータが残ったままになり、気づかないうちにメールボックスがいっぱいで受信できなくなってしまう可能性があります。 可能な限り削除する日数を指定しておいて下さい。

6.「OK」をクリックして、設定を保存します

以上で完了です。

6.Windowsメール

1.「ツール」をクリックします

2.「アカウント」をクリックします

3.設定変更したいアカウント名を選択して「プロパティ」をクリックします

4.「詳細設定」のタブをクリックします

5.「配信」の項目を設定します

サーバーにメッセージのコピーを置く チェックを入れる
サーバーから削除する「○」日後 [1]チェックを入れる
[2]削除する日数を決める
[削除済みアイテム]から削除されたら、
サーバーから削除
任意でチェックを入れる

※注意※
削除する日数を指定していないと、サーバーにコピーデータが残ったままになり、気づかないうちにメールボックスがいっぱいで受信できなくなってしまう可能性があります。 可能な限り削除する日数を指定しておいて下さい。

6.「OK」をクリックして、設定を保存します

以上で完了です。

7.becky

1.「ツール」をクリックします

2.「メールボックスの設定」をクリックします

3.「基本設定」を確認します

受信メールをサーバーに残す チェックを入れる
「○」日後に削除 削除する日数を決める

※注意※
削除する日数を指定していないと、サーバーにコピーデータが残ったままになり、気づかないうちにメールボックスがいっぱいで受信できなくなってしまう可能性があります。 可能な限り削除する日数を指定しておいて下さい。

4.「OK」をクリックして、設定を保存します。

以上で完了です。

8.Thunderbird

1.「ツール」をクリックします

2.「アカウント設定」をクリックします

3.左メニューから設定変更したいアカウントを選択します

4.「サーバー設定」をクリックします

5.画面右側の「サーバー設定」を確認します

ダウンロード後もサーバにメッセージを残す チェックを入れる
ダウンロードしてから「○」日以上
経過したメッセージは削除する
[1]チェックを入れる
[2]削除する日数を決める
ダウンロードしたメッセージを削除したら
サーバからも削除する
任意でチェックを入れる

※注意※
削除する日数を指定していないと、サーバーにコピーデータが残ったままになり、気づかないうちにメールボックスがいっぱいで受信できなくなってしまう可能性があります。 可能な限り削除する日数を指定しておいて下さい。

6.「OK」をクリックして、設定を保存します。

以上で完了です。

9.Mac Mail

1.「Mail」をクリックして「環境設定」を開きます

2.左メニューから設定を確認したいアカウントを選択します

3.「詳細」を確認します

ダウンロード後もサーバにメッセージを残す 「メッセージ受信後にメッセージのコピーをサーバーから取り除く」のチェックを外す
ダウンロードしてから「○」日以上経過したメッセージは削除する [1] 「メッセージ受信後にメッセージのコピーをサーバーから取り除く」のチェックを入れる
[2]削除する日数を決める

※注意※
削除する日数を指定していないと、サーバーにコピーデータが残ったままになり、気づかないうちにメールボックスがいっぱいで受信できなくなってしまう可能性があります。 可能な限り削除する日数を指定しておいて下さい。

8.画面左上の赤印をクリックして画面を閉じます

設定の保存について確認が出るので、必ず保存して下さい。

以上で完了です。

10.iPhone/iPad

1.「設定」をクリックします

2.「メール/連絡先/カレンダー」をクリックします

3.設定変更したいアカウント名を選択します

4.画面下の「詳細」をクリックします

5.「受信設定」の「サーバーから削除」を「しない」に設定します

6.画面左上のボタンをクリックして前の画面に戻ります

以上で完了です。